安い買い物するための特別ルール!

【免税のルール】非居住者

日本の免税店て買い物をするには条件があります。その条件を満たさないと免税対象となりません。その対象というのが「非居住者」です。非居住者に該当する方は海外旅行者や外国暮らしの日本人です。しかし非居住者と見なされるには基準は設けられています。その条件は4つあります。1つ目が海外で仕事をするために日本から出国し、海外に滞在している方。2つ目が2年以上外国に滞在する目的で日本から海外に行った方。3つ目が仕事やプライベートで2年以上海外に滞在することになった人。最後の4つ目は仕事や休暇などで日本に一時帰宅をした方でその滞在期間が6ヶ月未満の方です。非居住者と見なされるポイントとして「2年以上海外に住んでいる」ことが重要です。

免税の条件!

レジ

【免税のルール】包装

お土産や壊れやすいものなどの「包装」をお願いすることは、しばしばあることでしょう。包装している物を破ってお土産や欲しかったものが手にとれます。ですが、ここで注意点があります。免税店で購入した商品を包装した場合、帰国するまではあけないで下さい。もし明けたら免税扱いにならなくなり、税関で税金を徴収されてしまいます。せっかく価格を抑えたのに、最後の最後で税金を取られたのでは免税の意味がありません。だから包装した際に販売店は注意喚起を示すようにしないといけません。

【免税のルール】一般免税対象商品

一般免税対象商品とは「一般物品」とも言われ、主な商品の種類を紹介するとカバンやクツ、洋服や時計などのファッション系や民芸品や着物などの日本文化商品もあります。特に免税のイメージといえば家電製品ですが、爆買いする海外の旅行者の目的は、免税のおかげで安くなった日本製商品をかなり買うことです。例えばテレビを1人で5台以上も購入したり、時計やバックという高級ブランドを次々と購入したりすることです。しかし、いくらでも購入することができる!というわけではありありません。免税店では購入時のルールが各店舗で設けられています。免税店で有名な「ドン・キホーテ」の一般物品購入のルールの場合、金額が決められており購入額が最低5000円以上で上限はありません。

【免税のルール】消耗品

一般物品の考え方としての基本は「長く使える」ことが特徴です。しかし、その逆の考えが消耗品。「短時間でなくなる」というのが消耗品の基本定義です。主な商品として、果実や食品、飲料などの食品や化粧品や医薬品、サプリメントなどの美容健康品です。これらは大切に扱ったら長く使用できる一般物品とは違い、常に消耗されていくものです。そのためドン・キホーテのような免税店でも消耗品はたくさん販売されています。
購入ルールは、最低金額5000円以上で上限が50万です。しかし一般物品に使用する電池は消耗品ではなく一般物品扱いになるケースもあるので、各免税店にて確認を忘れずに行なってください。